申し込み受付中

2024/7/5(金)17:00締切

ひょうご大豆畑トラスト運動2024

  • 土日開催
開催

2024/6/29(土)00:00

会場
丹波市市島町・神崎郡市川町 大豆畑
主催
ひょうご大豆畑トラスト運動実行委員会

このイベントをシェアする

お問い合わせ・お申し込み

固定電話

0120-408-300

<月~金>8:30~20:00

携帯電話(無料通話プランなし)

0570-063-008

<月~金>8:30~20:00

携帯電話(無料通話プランあり)・IPフォン

088-603-0080

<月~金>8:30~20:00

申込締切
2024/7/5(金)17:00
申込後、お振込みをお願いいたします。
振込み〆切 7/5(金)
※0570から始まるナビダイヤルへの通話は、携帯電話からのご利用の場合、20秒ごとに10円の通話料がかかります。
※0570から始まるナビダイヤルへの通話は、携帯電話の無料通話分(かけ放題プラン等)を利用することができません。詳しくはご利用の携帯電話会社へお問い合わせください。
※通話内容は正確に聞きとるため、録音させていただいています。またお電話の際には、組合員様のご本人確認をさせていただきます。

イベント情報

開催

2024/6/29(土)00:00

会場
丹波市市島町・神崎郡市川町 大豆畑
主催
ひょうご大豆畑トラスト運動実行委員会

国産大豆を作ろう!食べよう!

私たちの食卓で「醤油・味噌・食用油・豆腐・納豆」の原料として欠かせない大豆。
でも、日本で使われている大豆の90%以上が海外から輸入され、ほとんどはアメリカ産の遺伝子組み換え大豆です。
「国産大豆の自給率を引き上げ、遺伝子組み換えでない安全な大豆を食卓に!」と2000年にスタートした、『大豆畑トラスト運動』。全国各地で運動は拡がり、そのおかげで少しずつ大豆の自給率は上がってきています。ひょうご大豆畑トラスト運動でも、たくさんの賛同をいただいています。

「遺伝子組み換えのものを家族に食べさせたくないな」「遺伝子組み換え作物を国内で栽培してほしくないな」
「地元兵庫で安全な大豆の栽培が増えたらいいなあ」こんな思いをつなげていけたらと今年も活動を行います。
ぜひ大豆畑トラスト運動への参加をお願いします。
「今年はどんな作柄になるのだろう?」「ぶじに大豆がそだったらいいな」こんな思いもいっしょに共有しながら、
この一年、大豆の生育をいっしょに見守りができたらうれしいです。

大豆畑トラスト賛同者限定!交流・農業体験イベント(詳細は申込者へ案内します)

①6/29(土)大豆種まき体験 場所:神崎郡市川町(先着30名)雨天時6/30(日)
②9~10月 枝豆収穫祭 場所:丹波市市島町
③11月頃 大豆収穫祭 場所:神崎郡市川町
*大豆畑トラスト通信を年2~3回お届けします。

\今年度も3軒の生産者に参画していただきます/

生産者①  高木力さん(兵庫県丹波市市島町与戸) 

永年、無農薬・有機肥料で大豆栽培技術を研究し、手作りの除草器具を使うなど工夫していて、栽培のノウハウを持っています。大豆の品種は「シャッキンナシ」。借金しないでいいほど房が実ると評判の大豆です。関東の知り合いから分けてもらい、兵庫の地ですこしずつ普及させています。
 あちこちの紛争のせいか異常気象のせいか、世界の食糧事情が厳しくなって自国の食糧を自国で作る事が大事になって来ました!またその栽培の為の種子の確保も大事なのです、多くの野菜の種子が海外で作られて輸、入されています。色々な事情がありそうですが、種子の自国内での確保のためにも、大豆畑トラスト運動に参加お願いします。

生産者②  牛尾武博さん(兵庫県神崎郡市川町上牛尾)

 有畜複合の有機農業を営んで、多品種の作物を栽培し野菜セットで提携した消費者に届け続けています。隣町の農家の庭先で見つけ、私が勝手に名づけた“大粒白大豆”それに、綺麗な彩りの青大豆の2種類を今年も栽培します。大豆トラストで蒔いている青大豆は30年ほど前に、近隣農家の庭先でみつけたもので、きれいな青色に魅せられて作り続けてきました。枝豆でも香ばしく美味しいです。自家産の味噌も絶品です。きな粉も香り豊かです。この春、豆腐屋さんに頼み、50パックほどの青大豆豆腐を製造してもらいました。きれいな薄い緑色でした。有縁の方々に配りました。コクがあって美味しい。こんな美味しい豆腐は初めてだ。と、絶賛でした。

生産者③  (みのり)の学校・㈱マイファーム 
            担当高田さん(兵庫県丹波市市島町上田)

 マイファームは、「自産自消のできる社会」を目指して、「農業って楽しい!」と、思う人、思う瞬間を生み出し広げていく事業を手掛けています。野菜づくりのできる機会と場を提供する「体験農園マイファーム」、農業を仕事にしたい仲間たちが集う「アグリイノベーション大学校」、農業をもっと「楽しい産業」に変えていく、農業経営者への経営サポート・事業化支援事業など、若い力で農業界に革命を起こす、そんな気概をもって日々取り組んでいます。そんなマイファームが丹波市とタッグを組んで運営している丹波市立・農(みのり)の学校は、今年で6年目を迎えます。「農」への一歩を踏み出す方々を市立の有機農業学校という形で、全力でサポートしております。今年も多くの方に、丹波黒大豆の美味しさを、味わっていただければと思っています。昨年同様、今年も50口の参加です。申込多数の場合は、抽選になります。ご了承ください。

参加費は1口1,000円から

(何口でも可ですが、賛同数が生産量を上回った場合、口数を調整させていただく場合があります)

・畑1反あたりで140口分を受付ます。
1口1,000円で140分の1の割合で畑で収穫された大豆を配分します。
・配分は天候や作柄による収穫量をもとに変動します。
・黒豆は、50口(予定)を募りますが、申込が多数の場合、抽選の結果外れる場合があります。
その場合は他の大豆へ振り替えることがありますので、予めご了承の上、賛同ください。
・大豆・黒豆の配布は翌年の1月から2月頃の予定です。

申込および振込方法
1、ご連絡内容①~⑥をメールでお申込ください。
2、お申込受付後、 賛同金の振込先をお伝えいたします。
振込〆切:2024年7月5日(金)まで

【申込先】メール:event18@shizenha.co.jp 
    メール件名「大豆畑トラスト運動」と記載ください。

【ご連絡内容】
①イベントID :18244396
②組合員ID
③組合員名:
④申込口数 :

  生産者①高木さん 口
  生産者②牛尾さん 口
  生産者③農の学校 
※生産者を選択し、口数をお知らせください。
※複数のお申込の場合はそれぞれの口数をお知らせください。
※農の学校の黒大豆は募集枠に限りがあります。申し込み多数の場合は抽選のうえ、
他の大豆に振り替える場合があります。予めご了承の上お申し込みください。
⑤日中連絡のつく連絡先(携帯電話等):
⑥メールアドレス

   
申込(振込)締切:2023年7月5日(金)

お問い合わせ・お申し込み

固定電話

0120-408-300

<月~金>8:30~20:00

携帯電話(無料通話プランなし)

0570-063-008

<月~金>8:30~20:00

携帯電話(無料通話プランあり)・IPフォン

088-603-0080

<月~金>8:30~20:00